燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

火災感知器について

普段、単に火災を感知する感知器としか認識していませんが、実は、感知器の種類は沢山あるのです。
大きく分けて、火の特徴である「熱・煙・光」を各々感知する3タイプがあります。


火災感知器

  • 熱感知器 - 火災で発生する熱を感知
    • 差動式
      火災の熱により一定の温度上昇率以上になると作動する。
    • 定温式
      火災の熱により一定の温度以上になると作動する。
    • 補償式
      差動式と定温式の両機能を備えた熱感知器。
  • 煙感知器 - 火災で発生する煙を感知
    • イオン式
      火災の煙による空気の電離状態の変化を検出する。
    • 光電式
      火災の煙による光の乱反射または遮光を検出する。
  • 炎感知器 - 火災で発生する光を感知
    • 紫外線式
      火災の炎から発生する赤外線を検出する。
    • 赤外線式
      火災の炎から発生する紫外線を検出する。


実際は、上記以外にも沢山ありますが…。
まぁ、警備員としては、コレぐらい知っていればOKでしょう…。