燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

警備員の不祥事相次ぐ!

6月21日、22日と、警備員の不祥事が相次ぎました。
窃盗と自動車運転過失致傷です。

群馬県富岡市役所の金庫から東日本大震災義援金5万円を盗んだとして、県警富岡署は21日、窃盗容疑で住所不定、警備員中村将博容疑者(43)を逮捕した。同署によると、容疑を認め、「生活費が欲しかった」と話しているという。

時事ドットコム

22日午後6時20分ごろ、東京都府中市武蔵台の市道で、自転車で交差点を横断していた国分寺市内藤、無職、坂本ひとみさん(51)が、左からきた乗用車にはねられ、全身を強く打ってまもなく死亡した。
警視庁府中署は自動車運転過失致傷の疑いで、乗用車を運転していた八王子市明神町、警備員、植木真弘容疑者(42)を逮捕。容疑を同過失致死に切り替えて調べている。
同署によると、植木容疑者は「携帯電話の画面を見ながら運転していて、衝突して初めて(坂本さんに)気づいた」と供述しているという。現場は片側1車線、信号機のない交差点。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110623/dst11062301100002-n1.htm


本来、警備員は施設等で窃盗が起きないようにする1号警備や道路工事等で交通整理を行う2号警備が仕事です。
その警備員が、窃盗したり、交通事故を起こして、どうするの!!
しかも、義援金の窃盗携帯を見ながらの人身事故です。開いた口が塞がりません。
モラルもなにも、あったもではありません。


ますます、世間の警備員に対する視線が冷たくなりますね。
しかし、警備員になるには、一般企業等より犯罪を犯さないような審査や書類が必要なのですが…どうして犯罪が起きてしまうのでしょうか?


今一度、警備業界はフンドシの締め直しが必要ですね。
もちろん、自分自身もフンドシを締め直す!


『稼げる警備員になるには』さんが核心のコメントを書いています。

「人の生命や財産を守る」というのが私達警備員の根幹をなす心得なのです。

死亡事故 男性警備員がケイタイ画面を見ながら運転: 稼げる警備員になるには

この心得、私も肝に銘じます。
いつも、警備に関する良記事、ありがとうございます。