燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

DateDiffメモ

VBScriptでのDateDiff関数は、日付の時間間隔を返します。
intervalに "y" or "d" を指定すると『date2 - date1』の日数を返します。

DateDiff(interval, date1, date2 [,firstdayofweek[, firstweekofyear]])

・interval(他の引数については、参考URLを参照してください)

yyyy
q 四半期
m
y 年間通算日(日数)
d
w 曜日(曜日を表す数値)
ww 週(何週間か)
h
n
s

・サンプル

msgbox DiffADate("2010/3/22")

Function DiffADate(theDate)
   DiffADate = "日数: " & DateDiff("y", Now, theDate)
End Function

・参考URL


できれば、本ブログの応援クリック も、よろしくお願い致します。