燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

門の前を通る人々

今日、朝一の立哨開門8時20分、待っていたかのように、雪が降り出しました。
日ごろの行いが出ますね…、今日も寒かったです。


一日の大半を施設の門の前にいると、いろいろなことがあります。
検事さんから写真を見せられ、この人を見かけませんでしたか…とか。


門の前の角を曲がりきれなくて、角のポールに車体を擦る高級車…。
施設警備員は絶対に車誘導をしてはいけないのが鉄則*1ですが、あまりにも下手な運転で、ハンドルを逆に切って、益々ガリガリ擦って抜け出せないでいる。


堪りかねて、「ハンドル逆だよ!」とアドバイス…。
やっと、角を曲がれた…、車の横のドア周辺が大きな凹み擦り傷になっている…可哀想。


あと、歩きタバコの男性が多いですね。こんなへんぴな市街地なのに…。
施設周辺を掃除すると、ポイ捨てされた吸殻が沢山…、日本人のモラルも大したことない!


私は、門の前を通るすべての人に挨拶をしています。
挨拶を返してくれなかった人達が、日を追うことに、徐々に挨拶してくれるようになりました。


挨拶は、一瞬でも相手との心の交流が出来、本当に素晴らしい行いですね。
では、また!
[[]]

*1:駐車する位置の指示のみで誘導はしない