燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

EXCELでSDI風の起動(ブッククリック起動で別ウィンドウでの起動)

EXCELは、MDI(Multiple Document Interface)アプリケーションです。
全く関係のない複数のブックを起動すると『同一 Excelアプリケーション内(同ウィンドウ内)』となって、影響し合う場合があります。
そんな時は、1ウィンドウ1ブックのSDI(Single Document Interface)風に別ウィンドウで起動されるとあり難いと思うわけです。

以下にその設定方法を示します。
注意点としては、ログオンユーザ単位の設定でなく、すべてのユーザに対しての設定になります。

  • IEでない普通のエクスプローラを起動する。
  • メニューのツール(T)をクリックする。
  • フォルダオプション(O)をクリックする。(『フォルダ オプション』ダイアログが表示)
  • 『フォルダオプション』ダイアログの『ファイルの種類』タブをクリックする。
  • 登録されているファイルの種類(T)の拡張子『XLS』をクリックする。
  • 詳細設定(V)ボタンをクリックする。(『ファイルの種類の編集』ダイアログが表示)
  • 『ファイルの種類の編集』ダイアログの新規(N)をクリックする。(『新しいアクション』ダイアログが表示)
  • 『新しいアクション』ダイアログのアクション(A)へ『新しいウインドウで開く(&W)』を記入(『』は不要)する。
  • 『新しいアクション』ダイアログのアクションを実行するアプリケーション(L)へEXCELのパスと『 "%1"』を記入("%1"の前にスペース一つ空ける)する。『"C:\Program Files\Microsoft Office\Office\EXCEL.EXE" "%1"』な感じです。
  • 『新しいアクション』ダイアログのOKボタンをクリックする。
  • 『ファイルの種類の編集』ダイアログに戻るので、『新しいウインドウで開く(&W)』を『既定値に設定(S)』をクリックして既定値にする。
  • 『ファイルの種類の編集』ダイアログのOKボタンをクリックする。
  • 『フォルダオプション』ダイアログに戻るので、閉じるボタンをクリックする。

以上。