燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

放射能という魔物パート2

日本には、今、原発が54機あります。
1機あたり一年間に生み出される死の灰は、広島の原爆の1000発分です(京都大学原子炉実験所の小出裕章氏曰く)。
したがって、54機では約5万発分の死の灰が現実に生み出されているのです!
そして、初めての原発ができてから45年経っています。その量は、想像を絶する量になっているとのことです。


一方、今の科学では、死の灰放射能を無力化にする手段がありません。
では、どうしているかというと、地下300m〜1000mの埋めてしまっているのです。
埋めた場所にM9.0級の地震が来たら、どうなりますかね?


ざっくり計算して、広島の原爆の1000発分×54機×45年の死の灰放射能が地上に放出されるのですよ!
日本どころか世界が終わりですね!


なんて過ちを犯してしまったのでしょうか、人類は(特に原発推進者は)…。
今からでは、遅いかもしれませんが、気が付いたら実行しないとね。原発廃止も何事も。


約2時間ですが、お時間をください。決して見て損はないです。
改めて、原発はいらない!