燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

続・Perlでtaskkill for Windows

昨日のサンプルをモダンPerl風に書き換えてみました。
しかし、あんまりモダンでもないかも・・・。

use strict;
use warnings;

# ユーザ名 papa タスク名 notepad.exe
taskkill('papa', 'notepad.exe');

sub taskkill {
    my ($username, $taskname) = @_;

    $/ = undef;
    #my $cmd = 'tasklist ';
    #my @args = ("/FI \"USERNAME eq $username\" /FI  \"IMAGENAME eq $taskname\"");
    #my @args = ("/FI \"USERNAME eq  $username\"", "/FI  \"IMAGENAME eq $taskname\"");
    #open my $fh, '-|', $cmd, @args  or die $!;
    my $cmd = "tasklist /FI \"USERNAME eq $username\" /FI  \"IMAGENAME eq $taskname\"";
    open my $fh, '-|', $cmd  or die $!;
 
    my $process = <$fh>;
    close($fh);

    if ($process =~ /$taskname/) {
        my $cmd = 'taskkill';
        my @args = ('/F', "/FI \"USERNAME eq  $username\"", "/FI  \"IMAGENAME eq $taskname\"");
        system $cmd, @args and die $!;
    }
}

今度は、『open my $fh, '-|', $cmd, @args』だと『List form of pipe open not implemented at taskkill.pl』になって上手く行かなかったです・・・。
もしかしたら、ActivePerlだとこの形式は『not implemented』なのかな?


ちなみに、なにがモダンかと言うと、openとsystemの引数が文字列でなくリストになっているところ?
結局、モダンにすると何が安全で・・・メリットがよくわからない・・・(弾さんの読んでも理解できない)。