燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

続・範囲演算子『..』と『...』の違い?

昨日の続きです。きむら(K) さんに教えて頂き、大分理解が出来た感じです。
その成果を述べてみますね。


内部的には、フリッププロップのような・・・どうのこうのって話しになり、余計難しくなるので・・・略です。

外部的には、範囲演算子を挟んで両端に同じ値を指定した場合、『..』では、標準入力から両端の値と同じ値が来た時に真になり、同じ値以外は偽となる。
『...』では、両端の値と同じ値が来た時に真になり、つぎに同じ値が来た時までは真で、その次に同じ値が来る時までは偽になる。
言葉だと過去形と現在形での微妙な表現で、わかり辛いと思いますので、以下の両者の結果を比較してみてください。


ちなみに、範囲演算子の一般的な解説は、以下を参照願います。(4E0って何って場合は同じく)

『..』のサンプル

#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

my $cond;
while (<DATA>) {
    chomp;
    $cond = /START/ .. /START/;
    print "$_ \t $cond\n";
}
__END__
START
aaa
bbb
START
ddd
eee
START
ggg
hhh
START
jjj

実行結果

C:\test>perl hani1.pl
START    1E0
aaa
bbb
START    1E0
ddd
eee
START    1E0
ggg
hhh
START    1E0
jjj

『...』のサンプル

#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

my $cond;
while (<DATA>) {
    chomp;
    $cond = /START/ ... /START/;
    print "$_ \t $cond\n";
}
__END__
START
aaa
bbb
START
ddd
eee
START
ggg
hhh
START
jjj

実行結果

C:\test>perl hani2.pl
START    1
aaa      2
bbb      3
START    4E0
ddd
eee
START    1
ggg      2
hhh      3
START    4E0
jjj