読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

施設警備員の能力3大要素

施設警備員は、普通時は通常業務を行っています。
通常業務は、おおむね立哨・受付・巡回の3つです。


しかし、施設警備員の真価が問われるのは、非常事態の時です。
救命・火事・地震・不審者・不審物・犯罪等の対応です。


あと、施設警備員は、テナントさんやオーナーから信頼を得るために見た目も大事です。
アイロンの効いた制服をきっちと着こなし・振る舞い・挨拶・姿勢・歩き方・話し方等の見た目です。


つまり、以下の3つの能力が必要なのです。

  • 通常業務をこなす能力
  • 非常事態対応をこなす能力
  • 見た目をよくする能力


このため、警備員は日々、訓練・勉強・体力作り・健康管理を意識しての自己向上が不可欠なのですね!
ということで、施設警備員の能力3大要素でした。


ちなみに、知的に歩き、知的に挨拶、そして、知的な姿勢をキープする・・・難しいですね(^^;