読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

施設警備員詐欺

誤解を生じるタイトルなので、初めに申し上げておきます。
犯罪的な詐欺ではなく、心構え的な詐欺のことなのです。


施設警備員は普通、施設管理する防災センターに勤務します。
防災センター要員に成るためには、通常以下の3つの資格が必要です。

  • 防災センター要員
  • 自衛消防
  • 上級救命

つまり、防災センター要員の警備員は、消防と救命に関してプロの知識と技術を要しているわけです。


しかし、2年、3年と経つと、怠け者の警備員は、すっからかんに忘れてしまいます。
確かに、資格を取る時は、一生懸命に勉強した記憶のみはあるのですが・・・。


先日、先輩からこの辺の質問をされ、ことごとく答えられず・・・。
もしこれが、オーナーやテナントさんからの質問だったら、どうする!!


これらの知識や技術があるからこそ、お金を払って、雇っているのに・・・これじゃ詐欺ってもんだ!!
という事態になりました。


いかん、消防と救命の勉強し直しや〜
普段の仕事だけをこなしていたらダメなんですね!


警備員は、日々、消防と救命を勉強し、大事が起こった時に的確に対応できないといけないのです。
そのために、オーナーやテナントさんはお金を払ってくれるのです。


プロの警備員を目指して、また、一から出直しします・・・誰にともなく・・・