読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

警備員は相手の身分確認が第一の仕事

ロビー立哨時、防災センター所長にお客さまが来ました。
防災センターを案内すると、少し不機嫌になり、「所長にロビーに来るように言われた…」とのことでした。
しかたがないので、防災センターへ内線しました。
その時、電話先からは、「どちらのどなたか」を聞かれ、「あっ、すみません。どちらは聞いたけど、どなたかの名前は聞きませんでした」…。


防災センター受付に、行き先部署名不明のAさん宛てに業者が来ました。
私は、適当にそれっぽい部署に内線し、「Aさんは居ますか」と聞き、結果的に無難に受付処理ができました。
しかし、先輩から「そんな対応あるか…」と怒られました。
まずは、防災センター受付は単なる受付でなく、出入管理なので、相手(業者)の身分確認が第一。
まずは、相手にAさんの担当部署を明確にしてもらうことが肝要。最悪の場合は、受付しないで帰ってもらう。


以上、2つことから、警備員は相手の身分確認が第一の仕事だと再確認。