燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

強風の日はコミュニケーションがすすむ

昨日は台風の影響で、退社時間帯が物凄い強風でした。


立哨で、いつもは「お疲れ様でした。お気をつけてお帰りください」と挨拶をしていますが、今回は「お疲れ様でした。風が強いのでお気をつけてお帰りください」と「風が強いので」を添えました。


すると、いつもより数段、社員さんとコミュニケーションが出来たのです。
特に、普段から良く挨拶を返して頂ける人達とは、より親しくなれました。


で、気が付いたことが2つ。


1つ目は、状況を表す何気ない一言(今回は「風が強いので」)が、凄い効果があるということ。
2つ目は、普段から良く挨拶を返して頂ける人は、実は自分と相性が良い人達であること(挨拶以外でも、すんなり話せる)。


単なる立哨でも、社員さんとコミュニケーションが持てると、めちゃくちゃ楽しい仕事になりますね。
もちろん、立哨の本来の警戒業務や出入管理業務がメインであることは、忘れてはいけません。