燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

立哨業務でのワンツウスリー

受付業務でのワンツウスリーは以下の通りです。

  1. 落ち着いて(あがらないように深呼吸、深呼吸)
  2. よく見て(相手をよく見て観察する)
  3. よく聞く(相手の言っていることを聞き漏らさない)

これをお題目のように、頭の中で唱えていると、いい感じに受付がこなせます。


で、最近メインの立哨業務でもワンツウスリーをあみ出しました。
それは…

  1. 姿勢を正して
  2. よく見て
  3. はっきり言う

です。


「姿勢を正して」は、警備員になる前は、気にしていなかった猫背が、警備員としては、よろしくないです。
意識的に背筋を伸ばしているのですが、無意識になると猫背に戻っています。
そして、立哨で猫背の人が通ると、「人のふり見て我が身を直せ」で直します。


「よく見て」は、立哨時、とにかく大勢の人の顔をよく見て覚える努力をしています。
各テナントの社員さんの顔は、知っていた方が、不審者を見分けるのにも有利です。
また、挨拶を返して頂ける社員さんは、たぶん、私の顔を覚えてもらっている感じです。
相互に顔を知っていれば、警備上でもいろいろと都合がいいことがありますね。


「はっきり言う」は、挨拶や案内では必須です。
滑舌練習の「アエイオウ」を唱えて、より良い挨拶、より良い案内を目指します。


と、こんな感じで、1時間の立哨があっと言う間に過ぎてしまいます。
立哨って楽しい仕事ですね!