読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

常にこれでいいのかを考える

施設警備は、セキュリティベースのサービス業です。


受付時は、セキュリティを考慮して納品業者が上手くテナントさんへ納品できるように対応します。
この対応の仕方が、情報の抜けや、館内案内稚拙で、受付後、上手く納品できたかな…と思うことが多いのです。


電話取次ぎのテナント担当者名を聞き逃すとか、アバウトな館内案内とか…。
次はもっと、丁寧に確実に、受付対応をしなくては…と、常にこれでいいのかを考える今日この頃です。


しかし、業者さん業界は、下請けがいろいろで、こまる時がしばしばありますね。
テナント入館許可業者の下請けなのに、下請け業者名を名乗ったりするので、テナントに入館連絡をしてしまうとか。
テナント入館許可業者なのに、納品を依頼された業者名を名乗ったりするので、テナントに入館連絡をしてしまうとか。
ちなみに、テナント入館許可業者は入館連絡不要です。


とにかく、常にこれでいいのかを考えて、サービスの質をレベルアップしてく、大変な仕事です。