燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

外人さん対応

私の警備する施設は、実は外資系テナントがメインだったりします。
したがって、お客さまも外人さんのケースが普通にあるのです。


受付嬢は当然英語ペラペラで対応しています。
警備員としては、外人さんと接する機会は、あまりないのですが、たまにあるのです。


受付しないで待合室に入るとか、ゲート入館で警報音が鳴った時は、受付嬢でなく、警備員が担当なのです。
今のところ、以下の4つの単語で凌げています。

  • reception
  • OK
  • No good(NG)
  • Please

受付しないで待合室に入ったら----->レセプション プリーズを連呼。
ゲート入館で警報音が鳴った時---->良い場合はOK、悪い場合はノーグット(NG)。
ゲート入場させる場合は、---->プリーズを連呼。


ヤバイ!
英会話の勉強しないと!