燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

法華経再認識

先日の土曜日、伯母さんの7回忌を行いました。
ご休養の後、導師をして頂い方のお話しを伺いました。


実はその方は、私の義理の兄で、某私鉄系のバス運転手の仕事をしています。
この仕事は、ある意味、乗客の命を預かる仕事なので、毎日、安全を祈願し、熱心に法華経を読誦しているのです。


そのお話しは、詳しくは書けないのですが、マイナスのことがプラスに転じたお話しでした。
普段から兄は、熱心に法華経を読誦しているのは、親戚なので良く知っていましたので、実感を持って聞けました。


なるほど、法華経とは、そういう功徳があるのかな…と、思った次第です。
私も、さぼりにさぼっていた、法華経読誦を昨日今日と始めました。


警備員もある意味、人の生命と財産を守る仕事です。
マイナスのことがプラスに転じますように……。


以下は、かつて、私が法華経全盛期(?)だった時に書いたコンテンツです。