燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

今回の新しい現場

新しい現場に勤務して、一週間が経ちました。
今のところ、いい人ばかりで、人間関係は良好です。


仕事も役割分担がはっきり決まっていて、今までの何でも屋的なところがなく、逆に戸惑っています。
設備は設備、清掃は清掃、警備は警備って感じです。
警備の中でも、立哨は立哨、受付は受付、巡回は巡回…等、役割分担がはっきり分かれています。


なぜ、そうなったのか?


それは、入館100%セキュリティのため、警備員は他の業務をする余裕がないのです。
ある意味、当然なのかもしれませんが、休憩時間(昼食)も外出はできませんし、シャワーの時間もとれません。
それらは、すべて、入館100%セキュリティを実現するための、待機なのです。


出入り口をすべて、100%の入館セキュリティを掛けるのです。
これが、この施設の警備の要です。


一見簡単そうな業務でも、100%の完璧を求められると、凄く難しいものです。
集中力をフル回転にして、ミスをしないように、頑張るしかない仕事です。


一見エントランスの脇で、ぼーっと立っている警備員さんを、侮ってはいけませんよ。
集中力をフル回転にして、警備しているのですから・・・。


では、今回はこんなところで…。