燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

警備業務メモ34

前回の当務は、巡回ダメ、受付ダメ、緊急対応ダメのトリプルで、凄く落ち込んでおります。
防災センターの皆さんには、ご迷惑を掛け過ぎて本当に申し訳ない思いです…すみません。
とにかく、失敗は成功の元、忘れないようにメモしときます。

  • 施設内の通り道の路面に落書きがあった場合も無視せず報告すること。
  • 落書き犯人をモニターで確認し、単なる悪戯であったら、速やかに清掃員に清掃してもらう。
  • 各店舗閉店後の施錠は、最終巡回時に確認しなくてはいけないケースがあり、忘れないこと。
  • そのケースで万が一、未施錠があったら、その店舗の緊急連絡先責任者に報告する。
  • 作業届けを受付けたら、搬出入の曜日と時間・実際に掛かる予定時間・車の大きさ等の情報を聞くこと。
  • 聞いた情報とその時の施設の予定状態を比べて、無理な場合は、調整を行うこと。
  • したがって、普段から一ヶ月先の施設の状態を把握しておくこと。
  • 作業届けを受付けたら、搬出入の時間を地下駐車場一時停車一覧表に線引きするのを忘れないこと。
  • 防災設備の業者の緊急連絡先と担当者は、普段から把握しておくこと。
  • 感知器の形を見ただけで、熱感知器か、煙感知器か、炎感知器か、ガス感知器か…わかるように勉強しておく。
  • 監視線異常とは、火災受信機盤(中継器)から火災報知機盤の間で断線等があった場合に発報する。

※1 監視線
火災の発生を受信するために現場に設置された火災受信
機盤から、火災報知機盤(エリア内で発生した火災等を
受信する設備)の間で断線監視をしているもので、万一、
断線等が発生した場合に火災報知機盤に監視線異常の警
報が出る。

http://www.ensc.jp/pc/user/HOUDOU/h20/t201010/t201010.pdf