燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

警備業務メモ33

警備の仕事には2つ大きな要素があると思います。
それは、「気が利く」と「忘れない」の2つです。
「気が利く」は、コレをやったらアレもやるとか、アレをやる前にはコレをやっておく…とかです。
「忘れない」は、何か割り込みがあると、今していることをスコンと忘れてしまう。あと、トランシーバーのスイッチオンとか。
この2つをなんとか克服していきます。頑張ります。

  • トランシーバーを身に付ける時は、必ずスイッチオンを確認する。
  • 養生する箇所で角は必須。必ず業者に養生させる。
  • 養生する通路は、ブルーシートのみではNG。必ず養生材を使ってもらう。
  • 防災センターで自火報が発報したら、必ず、管理室の方にも連絡すること。
  • 自火報で目新しい原因の発報があったら、まずは、今作業している業者の作業を疑うこと。
  • コーヒーのスプーン入れのコップは、少しでも汚れていたら綺麗に洗うこと。
  • 緊急時以外に専用部の施解錠は、してはいけない契約になってる。
  • どうしてもの時は、緊急連絡先の許可があれば施解錠するが、基本的には施解錠が出来ない旨を相手に理解してもらうこと。
  • 警備日報で、いろいろな表現ができる設備系のものは、所長が決めた表現を使用すること。
  • 地下駐車場での搬入車は、車高だけでなく、車長と搬入時間も必ず確認する。
  • 各チェックリスト(作業届け受付で聞くこと、巡回に持っていくもの、巡回チェック項目)を作成してミスを撲滅すること。
  • 地下駐車場での駐車トラブル時、業者の受付簿が必要な場合があるが、そのものは持っていかず、その日のところをコピーして持っていく。
  • 何か作業をしていても、まわりで起きている事に聞き耳を立てることを忘れない。