燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

ミスチル「and I love you」は失恋ソング?

なぜか今、ミスチル「and I love you」に、はまっています。
はじめ「and I love you」は、ラブソングだと思っていましたが、詩をよく吟味すると、失恋ソングに思えてきました。


まず一番は

飛べるよ 君にも
羽を広げてごらんよ
一緒に行こう さぁ準備を
ほら 早くしておいでよ
はぐれずに付いて来れるかい?僕に
君には従順を 僕には優しさを
互いに演じさせて 疲れてしまうけど
それでも意味はあるかい どう思う?
今も欲しがってくれるかい?僕を
傷つけ合う為じゃなく
僕らは出会ったって言い切れるかなぁ?
今 分かる答えはひとつ ただひとつ
I love you
and I love you
and I love you

「今も欲しがってくれるかい」から、すでに終わっている恋愛?
出遭ったけど、傷つけ合ってばかりいた…みたいな。


つぎに2番

未熟な情熱を 何の保証もない明日を
信じて 疑って 足がすくんでも
まだ助走を続けるさ 今日も
一緒に超えてくれるかい 昨日を
もう一人きりじゃ飛べない
君が僕を軽くしてるから
今ならきっと照れないで
歌える 歌える 歌える
I love you
and I love you
and I love you

「一緒に超えてくれるかい 昨日を」は、なぜ明日でない?(つまりもう終わっている)
別れたこそ、照れないで歌える…とか。


最後に3番

どうしようもなく急に一人になりたい時があり
屋上で月を眺めてた
君に想いが強く向くほど 臆病になるのが分かって
素直には認められなくて
でも 君が僕につき通してた 嘘をあきらめた日
それが来るのを感じたんだ
未来がまた一つ ほらまた一つ
僕らに近づいてる
I love you
and I love you
and I love you

「君が僕につき通してた 嘘をあきらめた日」の嘘は、一番の「従順」でしょう。
「君」は、「従順」するのに疲れてしまった…ので「僕」と別れてしまった。

しかし、「僕」は、まだ「君」のことが大好きで、I love you and I love you ……。

こんな感じの曲ですかね。