燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

警備業務メモ25

歳によるボケか、疲れによる集中力切れか、緊張による記憶欠如か、信じられないミスを犯すときがある。
とにかく、ミスを反省して糧にして、注意深く、丁寧に、仕事を行います。

  • 拾得物は貴重品と無価値品と、その中間品の3種類ある。
  • 貴重品(お金や携帯等)は、拾得物処理を行い、拾得物数にカウントする。
  • 無価値品(ゴミ)は、一日保存して、その間に引取り人がこなければ捨てる。拾得物数にカウントしない。
  • 中間品(メガネや作業道具等)は、長期保存して、拾得物数にカウントする。ただし、拾得物処理はしない。
  • 設備員や管理人の巡回時に依頼されドアの警戒解除は、終了時に警戒セットの依頼を忘れる場合があるので、警備最終巡回時に一緒に警戒セットすること。
  • 受付簿は、受付け時に記入漏れがまだまだあり、特に人数は必ず書いてもらうこと。
  • デジタルカメラは、巡回時はもちろん、何かあった時は必ず持っていくこと。
  • 精神異常者の対応は、邪険にせず、刺激しないように話す。
  • 理屈っぽい人からの聞き取り調査は、まず主旨を良く説明して納得してもっらってから、聞き取る。
  • 警備員・設備員のミスでなく、明らかな施設特性によるクレームは、謝罪せず、施設管理会社から連絡しますと処理する。