燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

流れを読み流れに沿う

施設警備の仕事の第一は、その施設で行われる出入り業者の作業を把握し、事故防止をすること。

そのためには、作業届けが来たら、作業内容を把握し、作業の流れを読み、流れに沿うことが肝要であると、最近、つくづく思い知らされている。

警備の仕事は、つねに先を読み、想定し、脳内シミュレーションが必要だと思う。

しかし、なかなかそれが出来ない自分がいて、そのギャップに気が重たくなる日々が続いている。

ミスしたことは、素直に反省し、同じミスを犯さないようにして、前進するしかない。

今の世の中は、そう簡単に転職はできない、まして、56才の無能な私には・・・。

とにかく、生活を維持して行くためにも、頑張って頑張って、警備員の仕事を真剣に行って、一人前の警備員になりたいと思う。