燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

12月8日とは?

今日、12月8日とは、何の日でしょうか?
古い人は、真珠湾攻撃の日とか、音楽好きの人は、ジョンレノンの命日とか…。


実は、今日は、仏教3大行事の一つ、お釈迦さまがお悟りを開いた成道会なのです。
ちなみに、後の2つは、2月15日が涅槃会で、4月8日が降誕会です。


私は、某教会で聖壇のお役をしており、成道会の日は、事前に会社に伝えて12月のシフトは休みして頂ました。
しかし正直、シフトの関係で休みが取れなくても、別にいいかなぁ…とういう不心得の気持ちもありました。


また、成道会前日の当務(仕事)では、この仕事(警備)は自分には向いていないのでは…という出来事がありました。
そんな悶々とした気持ちで、今日の成道会の聖壇のお役をさせて頂きました。


朝の聖壇の朝礼で、実行委員長の人は、『すべての出来事は、お釈迦さまのおはからいであって、自分を成長させてくるためのもの』と仰いました。
それを聞いたとき、昨日の当務での出来事も、お釈迦さまのおはからいだったのだと思えて、すーっと落ちたのです。


成道会は無事に終わり、12時のお題目30回も聖壇チームで行うことになりました。
お題目30回は、鐘、木柾、太鼓2台がリズムをとりあって、お題目『南無妙法蓮華経』を唱えます。


私は太鼓を担当させて頂きました。
で、このお題目30回は、教会ではまれにみる、各パートのリズムが合わないバランバランの出来で、責任者指示で10回ぐらいで打ち切られました(前代未聞)。


実は、私は太鼓に関しては、自信をもっており得意なのですが、他の人たちがリズムがバランバランで、私も合わせようが無かったです。
なぜ、こんな事態になったのか・・・と思っていたら、かつて戒名当番で一緒だった、おばあちゃんが寄ってきて、いろいろ教えて頂きました。


リズムがバランバランで合わないのは、仕事や家庭でリズムが合わないのが表れているのですよ…というご指導を頂きました。
また、仕事での出来事は、突き詰めると『50歳も過ぎているのにまだこんなことも出来ないのか…』ということで…。


おばあちゃんは、私に、ちゃんとご供養(朝夕の法華経読誦)をしていますか問われ、私はノーと答えました。
すると、仕事での出来事も『50歳も過ぎているのにまだご供養も出来ないのか…』というのと同じなのですよと、教えて頂きました。


そう教えて頂いたとき、すーっと落ちたのです。まずは、朝夕のご供養からはじめます。
あまりの乗る気でなかった成道会で、前日の当務での悶々としたことが、仏さまの教えで救われました。


今回の成道会は、すごく有難い日になりました。ありがとうございました(合掌)。
明日からの仕事も、また頑張れるような気がしてきました。ありがとうございました(合掌)。


いやー、仏さまって、ほんとうにいますね。今日はそれが実感できました。