燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

警備員は間合いが大事

不審者や喫煙者の対応では、距離の間合いが大事です。
下手に近づくと逆襲される危険があるからです。


また、緊急対応時は、時間の間合いが大事です。
どんなに緊急の時でも、一呼吸して、落ち着いてから状況を把握するのです。


とにかく、距離と時間に余裕(間合い)をもって対応しないと、取り返しの付かないケースになる可能性があるのです。
自戒を込めて、警備員は間合いが大事でした。