燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

地下駐車場は高さが警備の肝

私が警備している施設の地下駐車場では、一般車両は立体駐車場に入りますが、業者の車両は荷捌き場に入ります。
そこに複数の業者がバッテングすると、一般車両の邪魔にならないように、車路スロープに回ってもらいます。


また、地下駐車場は、高さ制限が2.9〜3.1mの場所があります。
車両の高さによって、駐車が出来る所と、出来ない所があるのです。


今回、高さ制限2.9mのところに3.0mの業者車両が停められていたのです。
巡回時に発見し、天井すれすれで、ヤバイと思いましたが、良く見ると大丈夫そうだったので、そのままにしときました。


そして、その業者さんと、納品階まで行って、搬入警備をしていると、隊長から無線ですぐ地下に来いと連絡がありました。
地下では隊長が、なんで搬入警備している…この車の高さを測ってみろ…メジャーで測ると3.0mジャスト…。


高さ制限が2.9mのところに3.0mの車が入っていたら、搬入警備どころか、搬入拒否をしないといけないだろ!
言われてみれば、まったく、その通り…。


万が一、天井を壊したり、泡消火設備を壊したりしたら、業者も施設も大変なことになる。
それを未然に防ぐのが、我々警備の仕事だろ…、気がつかないとは…以下略…。


またまた、警備の基本を身をもって教えていただきました。
隊長、ありがとうございました!