燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

『大き目』はNG?

先日、警備日報に『巡回時、大き目の犬の糞を発見』と書いたら、『大き目』は『大きめ』で、この場合の『目』はダメだろと指摘されました。
たしかに、ネットで調べてみると、『大き目』は普通に使われてはいるのですが、辞書にはありませんでした。


たしかに、『大目にみる』と『大きな目にあう』は辞書にありましたが、『大き目』はありませんでした。


では、『大き目の犬の糞』を『大きめの犬の糞』としたら正解かというと…今度は、『(大きな犬)の糞』と解釈が可能になってしまいます。
ということで、『大き目の犬の糞』は『犬の大きめの糞』としなくてはいけなかったのです。


『大き目の犬の糞』では、目の使い方と修飾の位置で2重に間違っていたのです。日本語って難しい…。


とりあえず、「てにをはノート」をリンクしときます。