燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

読売新聞は自分に合わない!

ここ15年ぐらい前から、貧乏が原因で、真っ先に新聞を取るのをやめていました。
しかし、勤務先の防災センターで、8月から読売新聞を取り始めたのです。
そして、当務での朝方の4〜5時頃は、意外と暇で、丁度4時ごろ読売新聞が来ます。


で、読売新聞を読んでいるのですが、どうも自分には合いません。
原発・TPP・増税について、全く逆の立場なのです。


私は、原発・TPP・増税に絶対反対派ですが、読売新聞は推進派なのです。
普通に考えて、放射能汚染・関税撤廃による食料自給の崩壊・増税によるデフレ促進の3つの推進はおかしいでしょう…。


日本を不幸にすることを推進する風潮の読売新聞は、罪悪ではありませんか!
こんな風に日本を不幸にしようとする読売新聞は、消えてもらいたいと心から思います。


財務省・日経と続いて読売新聞もアメリカの手先だな…。

付録:

原発推進派の海江田経済産業相は、国会にて責任を取ってやめると言って号泣をしたのに、やめるどころか、民主党の代表選挙に立候補ですか…。
厚顔無恥の極みだね。


増税派の野田財務相は、子供達に根拠がないのに将来を不安にすることを平気で言う人です。
どんなことを言ったかは、以下参照願います。

こんな人が総理大臣になったら、日本は本当に不幸になってしまいますね!