燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

超訳 ニーチェの言葉

超訳 ニーチェの言葉』を読んだ。


私は、凄くよい本だと思いましたが、ネットでの評判はあまりよくなくですね。
それは、ニーチェらしくないというのが、原因みたいです。


私みたいにニーチェなど全く知らない人間には、ネットでの評判なんてどうでもいいことで、要はこの本が心に感銘したかどうかです。
この本には、232個のメッセージが書かれていて、その1番目を以下のように引用させていただきます。

はじめの一歩は自分への尊敬から

自分はたいしたことがない人間だなんて思ってはならない。
それは、自分の行動や考え方をがんじがらめに縛ってしまうようなことだからだ。
そうではなく、最初に自分を尊敬することから始めよう。
まだ何もしてない自分を、まだ実績のない自分を、人間として尊敬するんだ。
自分を尊敬すれば、悪いことなんてできなくなる。
人間として軽蔑されるような行為をしなくなるものだ。
そういうふうに生き方が変わって、理想に近い自分、他の人も見習いたくなるような人間になっていくことができる。
それは、自分の可能性を大きく開拓し、それをなしとげるにふさわしい力を与えることになる。
自分の人生をまっとうさせるために、まずは自分を尊敬しよう。


あと、231個のポジティブなメッセージに出会えますよ!


超訳 ニーチェの言葉

超訳 ニーチェの言葉


そう言えば、前回読んだ『超訳 ブッダの言葉』も凄くよかったですね。
こちらは、表紙が赤で、『超訳 ニーチェの言葉』は黒なので、『超訳 ブッダの言葉』は、超訳赤本で、『超訳 ニーチェの言葉』は超訳黒本と呼びましょう!
赤本と黒本を交互に読むと、魂が落ち着きますよ!