燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

ポイ捨てする人は、自分もポイ捨てされる?


外周巡回時、吸殻・紙屑・空缶・空瓶などなどが、ポイポイ捨てられています。
そして、我々警備員がそれらを拾いながら巡回していきます。


一日にA番とB番で、合わせて6回巡回しますが、必ず、落ちていますよ!
ポイ捨てをする人は、なぜゴミ箱や灰皿に捨てないのでしょうか?


で、いろいろ突き詰めて考えてみると、躾や教育にたどり着きます。
自分さえよければ…とか、きっと誰かが片付ける…とか。まぁ、ある意味、甘えですね。


そんな感じで、ポイ捨てをする人の精神レベルはかなり低いです。
そんな低レベルの人は、その内、会社や社会から、今度は自分がポイ捨されることになるのでしょう…。


我々警備員は、早くそれに気が付いて欲しいと思いながら、施設周りを綺麗にして行くわけです。
施設周りが綺麗だと、ポイ捨てし辛いでしょう!


我々警備員の通った後は、塵ひとつありませんよ!
とにかく、まだまだ、ポイ捨て人と警備員の戦いは続くのです…。

『戦い』の補足:

モラルの高い人の場合は、条件無く、ポイ捨てしません。
モラルが普通の人の場合は、吸殻やゴミが落ちていたら、ポイ捨てするかもしれません。
モラルの低い人の場合は、条件無く、ポイ捨てします。


もし施設周辺が、つねに塵ひとつ無く、綺麗だったら、モラルが普通の人は、たぶんポイ捨てしません。
もし施設周辺が、つねに塵ひとつ無く、綺麗だったら、モラルが低い人でも、ポイ捨てし辛くなると思うのです。


ここが、『ポイ捨て人と警備員の戦い』と表現しました。