燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

京都大学不正入試事件の謎

とりあえず、判明していること。

  • 犯人は京都大学だけでなく、同志社大、立教大、早稲田大でも同様に行っている。
  • 京都大学でのヤフー知恵袋への投稿は、英語が2問で数学が6問でした。
  • すべてドコモの同じ携帯電話から行われていたことが判明したそうです。

まとめると。

  • 犯行日が2/25と2/26です。
  • 犯行プロバイダはヤフーです。
  • 犯行携帯はドコモです。


で、今日は3/2です。
これだけ分かっていて、もう5日間も経っているのになぜ、犯人が捕まらないのでしょうか?
また、試験中に、入力が難い携帯で、監視員の目をくぐり抜け、ヤフー知恵袋への投稿が出来たのでしょうか?
しかも、この極限状態での投稿で、その内容は、余裕すら感じられます。


今後、真相が明らかになるのが楽しみですね。
もしかしたら、受験生側の問題だけでなく、大学側の問題に発展する可能性もありますね。
っていうか、今の進歩したIT時代に、何も進歩しない大学入試全般に関わるアンチテーゼですか…。
(今の時代に、和訳や数式をIT機器を使わないで、解答させるという大学入試全般の否定)

追記(3/4):

カンニング方法は、意外にも非常にシンプルでした。
盗撮カメラなど使わず、単に股に携帯を隠し、左手で操作しただけでした。
結果的には、試験監視員が用を達していなかっただけですね。

しかし、この受験生、ことが大きくなり成り過ぎて、ちょっとかわいそうな気がします。