燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

NZ(ニュージーランド)地震と阪神・淡路大震災

今回(2011/2/22)のNZ地震阪神・淡路大震災の規模を比較してみます。

NZ地震阪神・淡路大震災
震度 震度6 震度7
マグニチュードM 6.3 M 7.3
ガル 1,840 848
震源の深さ 5km 16km

今回のNZ地震は、震度とマグニチュードの割には、大きな被害が出ています。
しかし、震源の深さは5kmと浅く、ガルは阪神・淡路大震災を大きく上回っています。
これが、大きな被害の原因のひとつですね。

用語説明

  • 震度 - 地震の時に、観測地点での揺れの強さを示す値。
  • マグニチュード - 地震計の記録から求めた地震の規模を表す単位。
  • ガル - 地震動の加速度で一秒間にどれだけ速度が変化したか表す単位。

(参考:http://www.geocities.jp/p_taka0227/0005.htm