燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

警備業は『菩薩行』?!


警備業に身を投じて一ヶ月ちょいが経過しました。
で、確信しました。


それは、警備業は、仏教で云う『菩薩行』そのものだということです。
『菩薩行』とは、『六波羅蜜』の実践です。
六波羅蜜』とは、簡単に紹介すると以下の通りです。

  • 布施 - 精神的、物質的、肉体的にあらゆる面から人に尽くすこと。
  • 持戒 - 謙虚に教えを守り、人格完成の努力をすること。
  • 忍辱 - 他に対して寛容であり、どんな場合でも平静心を保つこと。
  • 精進 - 本来の使命にむかって、人格完成の努力をすること。
  • 禅定 - どんな事が起こっても動揺しない、平静心をえること。
  • 智慧 - どんな場合でも、真理に沿った、正しい道を選ぶことができること。


どうですか?
そこの警備員さん!
まさに、警備業は『菩薩行』そのものですね!!


警備流に六波羅蜜を解釈すると以下の感じ。

  • 布施 - オーナーやお客様はもちろん、同僚や施設に関わるすべての人に、いろいろと尽くします。
  • 持戒 - 警備員は特に犯罪などに関わらないように、施設の規則を守ります。
  • 忍辱 - どんなクレームに対しても寛容であり、どんな場合でも平静心を保ちます。
  • 精進 - 警戒と鍵管理を完璧にやり、非常時(発報時)対応の勉強と訓練に努力をします。
  • 禅定 - 非常時(発報時)にどんな事が起こっても動揺しない、平静心をえるように努力をします。
  • 智慧 - どんな場合でも、真理に沿った、正しい道を選ぶことができるように努力をします。


仏教界では、『菩薩行』とは、仏になる修行の『行』です。
我々一般人で『仏になる』ということは、人格完成を指します。


つまり、警備員さんは、安い給料でも文句を言わず、人様に尽くし、人格完成を目指して頑張っている、素晴らしい人達なのですよ!
いや〜、警備員になってよかった!
これからも、人格完成を目指して日々頑張りますね!


参考:http://chaichan.lolipop.jp/chai/hokke_note.htm#rokuhara

今日の失敗:

まだまだ、使った鍵をキーボックスに、すぐに戻すのを忘れてしまうことが、よくありますね。
電話対応は、相手の名前や所属を必ず聞けるようになってきていますが、なぜか最後に『警備 xx が承りました』を言うのを忘れる。


まだまだ、人格完成は、遠い雲の彼方です。
しかし、警備員として、やり易い形で『菩薩行』ができることは、本当に有難いことですね。