燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

警備員に必要な『1つの心構え』と『3つの命』


前回、『警備員の3つの命 - 燈明日記』の記事を書きましたが、少し訂正します。


『鍵』、『見た目』、『想定』で、同じレベルで『警備員の命』としましたが、『想定』はレベルが違うので、これからは、以下とします。

  • 『1つの心構え』は『想定』です。
  • 『3つの命』は、『挨拶』を加えて『鍵』、『見た目』です。

『想定』は、警備員に絶対必要な心構えです。
定型な通常業務(受付&巡回)も非常時業務(発報)も常に『想定』して対処しないとなりません。
受付や巡回を、もたもたせずに、スムーズに行うには、本当に『想定』が必要です。
また、自動火災報知モニターやセキュリティモニターなどが発報した時は、普段から『想定』していないと、何もできません。


そして、改めて警備員の3つの命です。

  • 鍵は、警備員の命
  • 挨拶は、警備員の命
  • 見た目は、警備員の命


鍵は、つねにキーストラップに結着し、使い終わったらキーボックスに戻すこと。
挨拶は、見た目で人を差別することなく、公平に会う人すべてに行うこと。
見た目は、制服や髭、頭髪等に乱れが無く、いつもきちっとしていること。
警備員は、つねに、この3つを心掛けないといけません。

今日の失敗:

最近は仮眠時間以外に、夕食後も30分ぐらい仮眠をするようになりました。
仮眠するときには、ネクタイを緩めます。


今日は、夕食の仮眠後、緩めたネクタイを元にもどすのを忘れて、受付業務をしてしまいました。
幸いVIPなオーナーらしき人は、こなかったのですが、クレームが来たら、警備員としては終わりです。
本当に『見た目は、警備員の命』です。