燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

Linuxでのftpの設定

UNIXなら始めから使えるファイル転送コマンドftpですが、Linuxでは始めからは使えませんね。
しかし、redhat系では、デフォルトでvsftpdがインストールは、されているようです。
なので、セキュリティはとりあえず考えなければ、以下のようにvsftpdをスタートさせるだけでftpが使えます。

/etc/init.d/vsftpd start


また、PASVモードでftpしたい場合は、/etc/vsftpd/vsftpd.confの以下をYESとします。

pasv_enable=YES


上記の様に変更した後は、リスタートします。

/etc/init.d/vsftpd restart


ちなみに、パッシブ(PASV)モードとは、サーバーから通知されたポートに対してクライアントからコネクトします。通常のアクティブモードでは、サーバーからクライアントにコネクトするので、ファイアーウォールやNAT(IPマスカレード)が中間にあるとブロックされたり、ポート番号が変更されたり、上手くコネクトができない場合があります。


できれば、本ブログの応援クリック も、よろしくお願い致します。