燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

YouTubeが採用しているストリーミングのロイヤリティ無料期間が延長

YouTubeが採用しているストリーミングのコーデック技術「H.264」のロイヤリティ無料期間が、2015年まで延長することになりました。

広く使われているビデオエンコード技術「H.264」の特許をライセンスしているグループが、ストリーミングメディアへの無料提供を更新し2015年まで延長することを選択した。競合するオープンソース陣営に攻撃材料を与えないための決定だ。

 MPEG LAは特許を所有する26者に代わってH.264関連の特許1000件以上をライセンスしている。2010年末まで続く現在の方針では、ビデオ視聴が無料である限り、H.264の技術を使ってビデオをストリーミングするインターネットサイトにロイヤリティを課していない。

 2010年より先のライセンス条件がどうなるのか、多くの人がMPEG LAの発表を待っていた。米国時間2月2日、MPEG LAはストリーミングでの使用を無料とする方針を2015年12月31日まで延長することを明らかにした。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20408103,00.htm


5年間延びたことが、どう転ぶか…。
MPEG LAの天下になるか、オープンソース陣営の天下になるか?