燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

リトライとトライの関係とは

すみません。本当に当たり前のことなのですが、ある程度の極限状態だとわからなくなる場合があります。
たとえば、その処理を『3回リトライする』とかは、トータルで3回でなく4回トライすることになりますね。
つまり、以下の式になります。


トライ数 = りトライ数 + 1


ネットワークとか、マルチタスク、マルチスレッド等のアクセス処理を考えるときは、排他とリトライは必須ですね。