燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

SQLiteを使ってみる!(パート2)

前回のをencode/decodeを使って書き換えてみました。
『from_toはバイト文字列をバイト文字列に変換するのでよくないです』、とのご指摘もありましたので…。

use strict;
use warnings;
use DBI;
use Encode;
use utf8;
binmode STDOUT, ':encoding(shiftjis)';

# メモリ上のデータベースへ接続
my $dbh = DBI->connect("dbi:SQLite:dbname=:memory:");

# ディスク上のデータベースへ接続
#my $database = 'test.db';
#my $data_source = "dbi:SQLite:dbname=$database";
#my $dbh = DBI->connect($data_source);

my $create_table = 'create table books (' .
                       'タイトル,' .
                       '著者' .
                   ');';
$dbh->do($create_table);

# insert文の実行
$dbh->do(encode('UTF-8', q/insert into books (タイトル, 著者) values ('Perl', '啓仁');/));
$dbh->do(encode('UTF-8', q/insert into books (タイトル, 著者) values ('C++', '康友');/));
$dbh->do(encode('UTF-8', 'insert into books (タイトル, 著者) values (\'Python\', \'ken\');'));
$dbh->do(encode('UTF-8', 'insert into books (タイトル, 著者) values (\'Java\', \'成憲\');'));

# update文の実行
$dbh->do(encode('UTF-8','update books set タイトル = \'Ruby\' where 著者 = \'成憲\''));

# delete文の実行
$dbh->do(encode('UTF-8','delete from books where 著者 = \'ken\';'));

# select文の実行
my $sth = $dbh->prepare("select * from books;");
$sth->execute;

# 各行のフェッチ
while (my @row = $sth->fetchrow_array) {
    # 各行を出力
    print decode('UTF-8', "$row[0] : $row[1]"), "\n";
}

undef $sth;
# データベースの切断
$dbh->disconnect;

◆解説(kitsさん、ご指摘により加筆、いつもありがとうございます)

  • ソースをUTF-8で記述して、『use utf8;』すると、Perl内部文字列(utf8フラグが付加)になる。
  • DBへ書き込む直前にencodeで、Perl内部文字列をUTF-8文字列(utf8フラグを落とす)に変換する(※1)。
  • DBから読み込んだ直後にdecodeで、UTF-8文字列をPerl内部文字列(utf8フラグ付ける)に変換する。
  • 『binmode STDOUT, ':encoding(shiftjis)';』は、Perl内部文字列をshiftjis文字列に変換して標準出力される。

※1:実は、encodeしなくてもSQLiteで自動的に行う模様です。もちろん明示的にencodeした方がいいと思います。