燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

VB2005でレジストリに書き込む

VB2005では、Myで簡単にレジストリに書き込みができます。
たとえば、以下の感じ。

My.Computer.Registry.CurrentUser.CreateSubKey("MyTestKey")
' Change MyTestKeyValue to This is a test value. 
My.Computer.Registry.SetValue("HKEY_CURRENT_USER\MyTestKey", _
"MyTestKeyValue", "This is a test value.")
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cy6azwf7(VS.80).aspx

上記は、HKEY_CURRENT_USERへの書き込みです。
しかし、HKEY_LOCAL_MACHINEへの書き込みのサンプルは、ネットで検索しても皆無なのです。

たぶん以下で、HKEY_LOCAL_MACHINEへの書き込みも上手く行くと思います。

◆サンプル

My.Computer.Registry.LocalMachine.CreateSubKey("SOFTWARE\MyTestKey")
My.Computer.Registry.SetValue("HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MyTestKey", _
"MyTestKeyValue", "This is a test value.")

ちなみに、HKEY_CURRENT_USERは、現在ログオンしているユーザーの情報を格納するところで、HKEY_LOCAL_MACHINEは、すべてのユーザーに適用されるハードウェア情報や設定情報などを格納するところです。
また、HKEY_CURRENT_USERに書き込んだ値は、HKEY_USERSにも反映されるようです。

レジストリ関係の記事でのお決まりの文言

上記サンプルが原因で、万が一、PCがおかしくなっても、当方は責任を負えません。自己責任で実施願います。