燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

日本語の正体

アマゾンでは、あまり評判が良くありませんが、私には、大変面白く読めました。
確かに、ちょっと『?』のところもあり、韓国人目線のところもありますが…。


結論から言うと、今の日本語の正体は、百済語(くだらご)ということです。


縄文時代は、今の日本語とは別の日本語があったそうですが…弥生時代朝鮮半島から百済人が来て百済語になってしまったそうです。
つまり、弥生人は、縄文人と百済人の混血で、文化的に優れていた百済語が今の日本語に変化していったようです。


一方、朝鮮半島では、百済が白村江(はくすきのえ)の戦いで、新羅(しらぎ)と唐(昔の中国)の連合軍によって滅亡してしまい。
朝鮮半島では、新羅語と古い中国語(北京語でない)が今の韓国語に変化していったようです。


そして、百済語と新羅語は、実は、ほぼ同じものとのことでした。
日本語は、百済語の読みを漢字に当てはめ、つまり万葉仮名のようにして漢字の訓読みを取り入れていきました。
一方、韓国語は、新羅語へ漢字の発音(古い中国語の発音)をそのまま取り入れ音読みのまま、今のハングルへと変化していきました。


つまり、日本語は、漢字を受け入れるときに、漢字の意味の百済語の言葉をその漢字の読みに当てたのです。
一方、韓国語は、漢字を受け入れるときに、当時の漢字の発音をそのまま新羅語の中に受け入れたのです。


ということで、日本語(百済語)と韓国語(新羅語)の元は、ほぼ同じものなのです。
確かに、ハングルを勉強したときに、めちゃくちゃ日本語に似ている部分があって驚いたことがありました。

日本語の正体―倭の大王は百済語で話す

日本語の正体―倭の大王は百済語で話す