燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

Perlでの配列連結について

Perlには配列変数があり、配列を操作する組み込み関数も沢山用意されています。
たとえば、以下の感じ。

  • shift:配列をシフトして先頭の要素を取り除く
  • unshift:配列をシフトして先頭に要素を追加する
  • pop:配列をシフトして末尾の要素を取り除く
  • push:配列をシフトして末尾に要素を追加する
  • sort:並び替える
  • reverse:逆順に並び替える
  • join:配列の要素を文字列へ連結する
  • split:文字列を分割して配列に入れる
  • grep:配列を検索し条件を満たす配列を作成する


では、複数の配列変数を連結したい場合、どの関数を使えばよいのでしょうか…。
実は、関数など使わず、以下のように配列変数のリストにして代入すればいいのです。

use strict;
use warnings;

my @array01 = (1, 2, 3);
my @array02 = (4, 5, 6);
my @array03 = (7, 8, 9);

my @join_array = (@array01, @array02, @array03);
print for (@join_array);


ちなみに、『print for (@join_array);』は以下と等価です。

for $_ (@join_array) {
    print $_;
}