燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

標準入力とダイアモンド演算子

すぐわかるPerl (Software Technology)
Perlで標準入力からデータを受け取るときは、普通『』としますね。
実は、『<>』と記述しても、標準入力からデータを受け取ることができます。
しかも、標準入力だけでなく、引数としてファイル名を指定しても、ファイルからデータを受け取ることができるのです。

・標準入力からデータを読み込む

C:\wk>perl diamond.pl < diamond.pl
use strict;
use warnings;
while(<>) {
    print $_;
}

・ファイル名を指定してファイルからデータを読み込む

C:\wk>diamond.pl diamond.pl
use strict;
use warnings;
while(<>) {
    print $_;
}

尚、標準入力からデータを受け取る時は、perlコマンドから記述しなければなりませんが、ファイル名を引数にする場合は、perlコマンドの記述はしなくて、スクリプト名から記述しても大丈夫です。


ただし、上記は、For Windows です。