燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

仲良くするのは難しいパート2。

人には、相性というものがあります。


普通、結婚は相性の良い人とするものです。
しかし、実際は、相性が良いと単に勘違いした、あるいは、騙されたケースが多いようですね。


ですので、結婚生活をつづけていると、『無性に腹が立つ』ことがありますね(たぶん相手も同様でしょう・・・)。
これは、感情なので理性では、なかなか抑えきれません。


しかし、そこをなんとか乗り越えるところが、宗教を行ずる信仰者ではないでしょうか・・・。


法華経では、お釈迦様が、自分を何度も殺そうとしたダイバダッタでさえも、良い友達としているのです。
逆にいうと、自分にとって都合が悪い相手ほど自分を成長させてくださる有り難い友としてみるのが仏教(法華経)なのです。


ちなみに、『無性に腹が立つ』の無性は仏性がない状態のことらしい。

仏性のないこと。成仏(じようぶつ)できないことが生まれつき定まっていること。

http://dictionary.www.infoseek.co.jp/?ii=2&sm=1&sc=1&gr=ml&qt=%A4%E0%A4%B7%A4%E7%A4%A6&sv=KO&lp=0

すべての人には仏性があるはずなのですが、「怒り」や「絶望」は仏性を覆い隠すのですね。
逆の「喜び」や「希望」をいつでももてる自分になりたい・・・・・・。