燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

最小公倍数と最大公約数

たとえば、1/6 と 1/10 を足し算するとします。
まずは、通分します。

    1/6 + 1/10 = 1*5/6*5 + 1*3/10*3 = 5/30 + 3/30 

この通分、実は、6と10の最小公倍数30を分母にするのです。


つぎに、約分します。

    5/30 + 3/30 = (5+3)/30 = 8/30 = 4/15 

この約分、実は、最大公約数2で分子と分母を割るのです。
このとき、4と15はお互いに素というらしい。


私は、最小公倍数と最大公約数をすっかり忘れていたのですが、以下の参考『数学ガール』で、このくだりを読んだ時、なんだ、無意識に知っていたのかと、驚きました・・・。

キターーーーーーーーー!!(8/1)

本記事を投稿してから約10分で、早くも結城先生からスターを頂きました。
光栄です。ありがとうございました!
そして、またまた素晴らしい本をありがとう!

(ポニーテールと猫語がミスマッチで、逆にいい感じですよ)


参考:

数学ガール フェルマーの最終定理 (数学ガールシリーズ 2)

数学ガール フェルマーの最終定理 (数学ガールシリーズ 2)