燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

関数仮引数の$_[0],$_[1]等は、特殊な値が入る?

Perlでのサブルーチン引数は、参照渡しなので、要素毎($_[0] = "A";等)に代入すると、呼び出し元の値も書き換わります。
しかし、以下のサンプルでは、呼び出し元の値を書き換えているはずなのに、されません。なぜ?

#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;


my @array = ("1", "2", "3", "4", "5");

print "array-> @array\n";
arg1(@array);
print "array-> @array\n";


sub arg1
{
    my @array = @_;

    print ("in sub -> @array\n");

    # そして書き換え
    @_ = ("A", "B", "C", "D", "E", "F");
}

C:\MyWorks\Perl\arg>perl arg8.pl
array-> 1 2 3 4 5
in sub -> 1 2 3 4 5
array-> 1 2 3 4 5

余裕でダメ。おかしい。

http://d.hatena.ne.jp/lolstep/20080702/1215003338

結論から言うと、よくわからないので、本日記でも、凄いパーラーズ(謎)へアピールしときます。
私も、ネットやラクダ本で調べてみたのですが、わかりませんでした。


ちなみに、私が現象から逆に推察してみると、関数コール直後の$_[0],$_[1]等には、呼び出し元の値へ直結する特殊な値が入っているのかな・・・と思う次第です。
なので、要素毎に代入すると呼び出し元の値が書き換わる・・・。


しかし、「@_ = ("A", "B", "C", "D", "E", "F");」のように要素毎でない方法で代入すると、特殊な値が上書きされて、普通の配列になってしまって、呼び出し元の値との直結が切れて、書き換わらない。


誰か、ちゃんとした理由教えてください!!


とりあえず、理由です。以下参照してください。