燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

JScriptとVBScript

JScriptVBScriptは、両方ともマイクロソフトスクリプト言語です。
VBScriptは、主にWINDOWS制御でDOSのバッチファイルで出来ないところに使います。
JScriptは、実はIEJavaScriptといっているものとイコールです。


VBScriptは、当初、IEJavaScriptのように使っていましたが、今はほとんど使われていないようです。
JScriptは、逆にIEだけでなく、実は、VBScriptの代わりにWINDOWS制御でも使えます。
また、WSHオブジェクトを利用すると、IISCGIとしてJScriptが使えるのです。


つまり、サーバーサイドでCGIとしてPerlでなくJScriptが使えるのです。
しかし、JScriptは、CGIとしては、Perlより全然使い辛いですけどね。
また、サーバーサイドでASPとしては、通常VBScriptを使いますが、JScriptでもOKのようです。


あと、JScript.NETという文法的にはMS案のJavaScript2.0相当の言語もあります。(ちなみに、他の案は、ActionScript2.0になっている)
しかし、これはスクリプト言語でなくコンパイラ言語のようです。
JScript.NETは、.NETのクラスライブラリを使えるらしいのですがWINDOWS-APIは使えないそうです(詳しくは知らない)。


私が思うには、EXCEL等のVBAに代わりJScriptが使えたらなぁと思います。
そうなれば、JavaScriptJScript)でクライアントOS・ブラウザ・サーバサイドと全制覇ができるのです。
ゲイツ会長の引退と一緒にVB系言語にも引退してもらって、JavaScriptに統一して頂けるとプログラマとしては嬉しいなと思う次第です。