燈明ブログ

現状は小池啓仁の応援ブログ

VBSとWSHの境界線

バッチ用のプログラムをVBSで組んでいるとVBSなのかWSHなのか分からなくなる時があります。
というか、この時点でVBSとWSHの境界が混乱しているのです。


整理します。
WSHとは、VBSやJScriptスクリプトを実行するプログラムです。
VBSとは、VBScriptという名のプログラム言語です。
WSH実行プログラムは、VBSプログラム言語で組んだプログラムの内容を引数として受け取り、それを実行するのです。
以上、明快です。


しかし、VBSで扱うWScriptオブジェクトもWSHと呼ばれることがあります。
そして、VBS内では、WScriptオブジェクトは宣言なしで使えたりします。
また、VBSには、CreateObject関数あるのに、WScriptオブジェクトには、CreateObjectメソッドがあったりして混乱してくるわけです。


ちなみに、CreateObject関数とCreateObjectメソッドの違い


と言う訳で、VBSとWSHの境界線、わかりましたか?